Man page of CHIKU_WAIT(2)

システムソフトウェアとポエムの差が激しいので,高山病に注意

コンテナのtcp_v4_connectをトレースするやつを書いた

最近,色々あって冷やし中華はじめましたみたいなノリでeBPF(extended Berkeley Packet Filter)をはじめました.夏も近づいているのでちょうどいい感じで. 勉強するにしても,チュートリアルそのままだと割とすぐに飽きてしまうので,コンテナのトレースをしてみました.

続きを読む

論文紹介:Catalyzer: Sub-millisecond Startup for Serverless Computing with Initialization-less Booting

概要

  • タイトル:Catalyzer: Sub-millisecond Startup for Serverless Computing with Initialization-less Booting
  • 著者:Dong Du,Tianyi Yu,Yubin Xia,Binyu Zang,Guanglu Yan, Chenggang Qin,Qixuan Wu,Haibo Chen
  • 会議:ASPLOS '20: Proceedings of the Twenty-Fifth International Conference on Architectural Support for Programming Languages and Operating Systems

https://dl.acm.org/doi/abs/10.1145/3373376.3378512

3月のASPLOSで出た論文です. サーバレス環境では,低レイテンシでの関数の実行が非常に重要です. しかし,仮想化ベースのサンドボックス設計は起動にかかる時間が課題です. この論文では,強力な分離と非常に高速な起動の両方を提供するgVisorベースのサーバーレス向けサンドボックスのCatalyzerを提案しています. Catalyzerは,チェックポイントイメージから仮想化ベースの機能インスタンスを復元することで,初期化をスキップしています. また,実行中のサンドボックスインスタンスの状態を直接再利用して起動のかかるレイテンシを減少させるために,新しいOSプリミティブsforkを提案しています.

Catalyzerは,状態を再利用することで初期化コストを取り除くことで,サーバーレスの一般的な最適化を可能にしています. このブログでは,論文の全般的な内容を紹介していこうと思います.

続きを読む

論文紹介:Blending Containers and Virtual Machines: A Study of Firecracker and gVisor

概要

  • タイトル:Blending Containers and Virtual Machines: A Study of Firecracker and gVisor
  • 著者:Anjali,Tyler Caraza-Harter,Michael M. Swift
  • 会議:VEE '20: Proceedings of the 16th ACM SIGPLAN/SIGOPS International Conference on Virtual Execution Environments

https://dl.acm.org/doi/10.1145/3381052.3381315

仮想化系トップカンファレンスのVEEで今年の3月に出た論文です. この論文はLXCと,AWSのFirecracker,GoogleのgVisorのパフォーマンスとLinuxカーネル機能の呼び出し頻度や方法を比較し,評価しています. 今までも,パフォーマンスを比較した論文や発表はいくつか出てきていますが,コードのカバレッジを分析して,Linuxカーネル機能の呼び出し頻度や方法を比較は,他にはないこの論文の特徴だと思います. このブログでは,主にカーネルの呼び出し頻度や方法の部分を紹介していこうと思います.

続きを読む

Agile PBL祭りのボランティアスタッフをしてきた

はじめに

2/21にあった,Agile PBL祭り2020 に当日のボランティアスタッフとして参加してきました.

アジャイルPBL祭りとは

産技大や筑波大,琉球大の先生方が主催で,アジャイルなPBLをしている学生と参加者たちがワイワイ学びを共有し合う祭りです.

主催者のアツい想いは以下です. miholovesq.hatenablog.com

note.com

また,当日の雰囲気はこんな感じです.

togetter.com

続きを読む

VBHを触ってみた

はじめに

この記事は,FUN part2 Advent Calendar 2019 - Adventarの19日目の記事です.

昨日の記事は,在学中にパートナーに振られたときどうするか - 草稿集でした.

続きを読む

enPiTのサービスデザインの授業でTAをしてきた

こんにちは、大学院試験受かったちくわです。無事に入院。

今回は、8/13から16日まで、enPiT-BizSysDのサービスデザインデザインという授業のTAをしてた話をしようかなと。

続きを読む